初代ファミコンが好き

ファミリーコンピューターの衝撃

f:id:dokusho-suki:20190707203258j:plain

   私が小学校5年生の時、家庭用ゲーム機の歴史を変える衝撃的な出来事が起こりました。ファミリーコンピューター(ファミコン)が登場したことです。

 ある日、友達の家に遊びに行くと、上の写真のゲーム機がテレビの前に鎮座していました。ゲーム機に繋がれたTVの画面を見て息を呑みました。

f:id:dokusho-suki:20190708205448j:plain

 これです。

 家のTVでゲームセンターのゲームが出来るのかと愕然としました。効果音も音楽もゲームセンターのようです。これなら、ただで何度でも家でゲームが出来るじゃないかと興奮しました。と言っても、友達のものなんですけどね。

 ファミコンが登場するまでの家庭用ゲーム機と言えば、カセットビジョンでした。私が通っていたそろばん塾に置いていました。教室の奥に先生の控室みたいなものがあり、そこにあったのです。塾が終わるとたまに遊ばせてもらっていました。「モンスターマンション」と「きこりの与作」に夢中になって遊ばせてもらっていました。

f:id:dokusho-suki:20190708210009j:plain  

モンスターマンション

 

f:id:dokusho-suki:20190708210013j:plain

きこりの与作

 

 同じ家庭用ゲーム機とは思えない性能差です。カセットビジョンは、ACアダプタ込みで13,500円。一方、ファミコンは14,800円。値段の差はあまりないのに、性能の差は雲泥です。カセットビジョンに申し訳ないですが。家庭用ゲーム機の歴史を変えたというのは言い過ぎではないでしょう。 そうは言っても、14,800円は子供の玩具にしたら高価です。友達の中でも最初の頃は数えるほどしか持っていませんでした。私も持っていない方に属していましたが。

 ただ、ソフトが増えるにつれ、ファミコンの所有率も上がっていきます。友達の家を渡り歩き、毎日遊ばせてもらっていました。我が家でファミコンを購入したのが、発売から1年後です。

f:id:dokusho-suki:20190708211703j:plain

 箱を開けた時の興奮は相当のものだったはずです。昔のことなので、あまり覚えていませんが。

 その頃には持っていないと話題についていけないくらいでした。ゲームを持っているかどうかで、友達関係が変わるのだから健全とは言えないですけどね。何はともあれ、私のファミコン生活が1984年から始まり、その後スーファミが登場するまで続きました。