初代ファミコンが好き

『ドンキーコング』【攻略】

f:id:dokusho-suki:20190721202721j:plain

 ファミコン本体と同時に発売された3タイトルのひとつ。アーケードゲームの移植版ですが、さすがに完全移植は出来なかったのだろう。アーケードでは4面構成だが、ファミコン版は3面になってしまった。デモ画面がなくなったり樽の動きや種類も少なくなってしまった。当時、私は小学生でした。ゲームセンターでプレイしたことがなかったので、アーケード版との違いを比べようもなかったが。

 ただ、ゲームセンターのゲームが家で出来るということに驚きを覚えていたと思います。 

基本情報 

メーカー【任天堂】

ジャンル【アクション】

発売日【1983年 7月15日】

定価【3,800円】

概要

ドンキーコングがレディをさらって建設中のビルに逃げ込みました。 レディを助けるためにマリオもビルの中に入りましたが、ドンキーコングの妨害にあって、なかなかレディに近づけません。 さあ、マリオはレディを助ける事ができるのでしょうか………。  

プレイ日記

1面の攻略

f:id:dokusho-suki:20190721182059j:plain

 アーケード版では主人公に「マリオ」という名前はなかったようですが、移植版では「マリオ」と命名されています。取扱説明書にも「マリオ」と書かれています。ドンキーコングに攫われたマリオの恋人レディを取り返すことが目的です。

 1面は樽を躱しながら最上段まで登り切ればクリアです。スタートするとドンキーコングがタルを放り出し始めます。 最初の一個は真下に投下されます。OIL缶に落ちて火の玉になりマリオを後ろから追い詰めていきます。

 次の樽からは鉄骨の上を流れてきますが、変則的にジグザグに落ちるものもあります。樽をジャンプしたり、ハンマーを使って壊したりしながら、上段を目指します。樽は下まで落ちると火の玉になって復活します。

 樽の動きは変則的ですが、それほど難しいものではない。それでも当たって死んでしまうのですが。 

2面の攻略

f:id:dokusho-suki:20190721182054j:plain

 1面と同様に、最上段を目指します。エレベーターや規則的に放たれるジャッキを躱しながら、反時計回りに上段を目指します。レディの落し物のパラソルと電話を取ると加点されます。何故、パラソルと電話なのかが分からないが。

 途中にいる「ひのこ」を躱しながら進みますが、動きが遅いのでそれほど難しくありません。エレベーターに乗る時と降りる時に、あまり高低差があると死んでしまいます。  

 周回が進むとジャッキの放たれる間隔が短くなります。移動速度も上がってくるので躱すのも難しくなっていきます。際どい位置取りで躱していかないと最上段には辿り着けなくなってきます。 

3面の攻略

f:id:dokusho-suki:20190721182041j:plain

 最終面です。1・2面と違いドンキーコングは何もしません。8か所あるボルト(黄色)を全て抜くとドンキーコングが落ち、レディを取り戻すことが出来ます。ボルトの上を通過(歩いてもジャンプでもどちらでも構いません)するとボルトが抜けていきます。穴が開いた箇所はジャンプで超えないと落ちてしまいます。

 ハンマーがあり、パラソルと電話もあります。ひのこを躱しながら8か所のボルトを抜くと、

f:id:dokusho-suki:20190721182045j:plain

 無事、マリオとレディは再会です。ハートマークが初々しい。ボルトを全部抜いたはずなのに、最上段の鉄骨が復活しているのが気になりますが。3面をクリアすると、また1面に戻ります。あとは無限ループです。周回を重ねるほど難易度が増します。

 当時は周回数とハイスコアを競ってプレイしていました。飽きずによくやったものだと感心します。

 

 アーケードでは、各面を25m・50m・75m・100mと表記された4面構成でした。ファミコンでは、50mに相当する面が削除されています。

f:id:dokusho-suki:20190721182103j:plain

裏技

 裏技も多く発見されています。有名なのは「見えないはしご」や「壁ジャンプ」など。樽を飛び越えて高得点を叩き出す裏技もあります。位置取りが難しい。3面の無限ループなので、裏技を探すことにも熱中してしまう。